創業35年を迎え、これからも進化し続ける、新潟運輸支局 認証工場 チューニングショップ 有限会社サカモトエンジニアリング

サカモトな日々

2月 04

なんだかほんと、あっ!という間に1月が終わってしまった気がする青山です。

 

1月は年頭から皆さんも除雪に追われる毎日だったことでしょう。

 

それにしても積もりましたよね(-.-)

 

東店イーストベースは、除雪車が入口を毎日塞いでくれるので、まずは近くのコンビニに車を停めて歩いてきて、敷地内と入口を除雪して、車が入れるようになってから取りに行く、という日々を送ってました(^^;)

 

あ、一応コンビニの店員さんから許可を得て、車の回収時には必ず買い物してますよ。

ちょっと分かりにくいかもしれないけど、手前から、道路走ってる軽のあたりまでが東店の入口です。

反対車線の雪壁の高さと同じくらいあって、キャタピラ車じゃなきゃ乗り越え不可です!

 

そしてこの一個一個の塊が固くて重いんだよね(汗

 

 

1月9日もまたコンビニに車停めて、なんとか歩いて事務所まで来て、振り返るとこんな感じ

もうここがどこなのか、どこに車があるのかも分からない図になってしまった。

 

この日あたりが新潟市内で最も積もった時期でしたね。

 

 

この日の朝、家の外を見た瞬間に「今日はツナギじゃなくてスキーウェアだな」と決意し、もうスキーに使うことも無くなったウェアを引っ張り出してスキーウェアで出勤!(^◇^)

 

正解でした(^^;)

長靴じゃ足りん!

 

しかしここまで積もると、除雪して敷地内に車で入ってこれるようになるまでには何時間も費やさなければならず、この日コンビニに車を取りに行けたのはもう暗くなってからでした。

 

そしてその翌日の10日、また積もって、日曜日だったのでお客様が除雪の手伝いに来てくれて、私も張り切って捨てる場所が無くなってきた雪を一箇所にどんどん積み上げてて、その山がちょうど私の身長と同じになった頃だから185cmくらいかな・・(すみません、20cmサバ読みました(^^;))

事件は起きました!

 

雪をすくったスノーダンプを押しながらその山を駆け登っていたその時、右ふくらはぎから「パンッ」と音がして激痛が走り(実際に音が出てたかどうか分かりませんがそんな感触)右足にまったく力が入れられない状態に!

 

 

経験された方はもうお分かりだと思いますが、肉離れです(-_-;)

 

全治3週間と診断されましたが、その間にも日々雪は積もるので、翌日からびっこ引きながらまた除雪してましたよ(^_^;)

 

 

あの頃はもう、仕事のための除雪なのか、除雪が仕事なのか分からなくなってましたね。

 

 

積雪の多い地域では、必ず除雪中の事故ってあるじゃないですか?

他人事だと思ってましたが、まさか自分もこんなカタチで負傷するとは・・・歳のせい?(+_+)

 

 

まったく仕事と関係ない話しになってしまってすみません。

ここ数日は降雪量も落ち着いてきてますが、皆さんも気をつけなはれや!

 

 

PS. 肉離れを起こした瞬間、「これはもしや肉離れってやつ?あのスポーツ選手とかがたまになってるやつ?俺もアスリートの仲間入り?」と、一瞬ですが一皮むけたみたいな感情が沸き上がった自分をアホだと思いました(^^;)

 

 

 

 

コメントは受け付けていません。