創業35年を迎え、これからも進化し続ける、新潟運輸支局 認証工場 チューニングショップ 有限会社サカモトエンジニアリング

サカモトな日々

12月 12

徐々に年の瀬が近づいたのを感じざるを得なくなってきましたね(^^;)

 

でもなんか例年よりクリスマス感が少なくないですか?

いつもならこの時期はテレビもラジオも街も、もっとクリスマス一色なような気がするんですが・・・

やはりまだコロナの影響でしょうか(-_-;)

 

とりあえずまだ雪が積もらないので非常に助かっているサカモトです。

 

 

報告が遅れましたが、2022年のサカモトカレンダーを店頭でお配りしています。

 

今年も例年通り、HKSとのコラボです。

 

サカモトをご利用頂いているお客様には無料でお渡ししています。

数に限りがあり、残りも少なくなってきてますので、欲しい方はお早めにご来店下さい!

 

 

 

さて、これも遅れての報告ですが、12月5日の日曜日にはSPNサカモト走行会(冬)を開催しました。

 

いつもよりちょっと少な目な18台の参加でしたが、一グループの台数を少なくでき、走り易かったと思います。

 

 

天気予報では雨や雪が心配されていましたが、まさかの終日ドライ路面!!

 

この日の前日も翌日も雨だったので、参加者の皆さんの普段の行いが相当良いんでしょうね(^_-)-☆

 

気温、路面温度ともに低く、さらに気圧が高目だったおかげもあり、自己ベストを更新された方も多くいて、私も嬉しかったです♪

 

 

 

皆さんに混ざってヴィッツで走行した私青山も、ヴィッツでの自己ベストタイムを更新し、スピードパーク新潟の「コンパクトカークラス」のレコードタイムも更新できましたよ(^.^)

(わざわざ申請してない人が多いだけかもしれませんが・・)

 

 

そして終わって見たらフロント左タイヤがこんな事に・・

 

でもね、こんなタイヤでも使い方(走り方)を変えたら0.5秒落ちくらいで走れました。

 

だったら最初からちゃんと走れや!って思う人もいるでしょうけど、未熟なもんでこうならないとその走り方が見付けられなかったんですよね(^^;

 

『バリバリ伝説』っていう大好きなバイク漫画があるんですが、その主人公の巨摩グンがレース中にドリフト気味の走行を重ねてたらタイヤグリップを失って順位が落ちていく中、縦方向のグリップは落ちていない事に途中で気付き、走り方を変えてトップに追いつくというシーンを思い出して走ってみました(^^)

 

 

これまで色々な車両でスピードパークを走ってますが、走るたびに何かしらの気付きが未だにあって、ほんと飽きません♪

 

 

そして!

 

次回、来春の走行会日程をもう決めました!

 

2022年4月10日(日)! スピードパーク新潟を貸し切り予約しました!

 

 

初めての人も大歓迎の、安全でクリーンなサカモト走行会、走りたい人は今から予定を入れておいて下さい!

 

 

また、エビス東の走行会もあるし「間瀬サーキットも走りたい」という意見も聞かれたので、こちらは貸し切りとまではいかなくても、フリー走行日を見付けて皆さんにも誘いをかけてみたいと思います(^o^)/

 

 

 

コメントは受け付けていません。